スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しゃけ with you  撮影9月23日

r240.jpg


石狩さけまつりというのを毎年開催されているのを知ってますか(゚Д゚)
私は全然知らなかったんだけど、そこで相方の友達の彼女のEちゃんがヨサコイを踊るというので見てきた~
イベントのプログラムはこうなっておりまん。


r249.jpg

鮭つかみ抽選カードというのが1枚300円で買える。120円程度のお菓子のオマケ付き。
ハズレてもこれで我慢せいという('A`)ま、なにもないよりいいかな。
ちなみに1回の販売に1000枚売られて、さけ掴み権利得れるのは50人。
確率はかなり低いが、参加することに意味(ネタ)がある気がするので買ったで!(゚Д゚)


r248.jpg

踊るさけ太郎キモス。


鮭つかみ抽選会まで時間がタップリ(1時間半)あったので、食べたり見たりして待つ。


r241.jpg

石狩鍋400円、いくら丼600円など、普通に安く食べれる。いろんな屋台も沢山出ていて、
気になったのはトルネードポテト。1個のじゃがいもをグルグルにスライスして串に刺してスパイスかけた




r242.jpg

買わずにはいられませんでしたトルネード250円。ぶ厚い濡れポテトチップみたいな。
表カリッと中シットリな濡れせんべいみたいな。普通においしいと思った。揚げたてがうまいかも。
ソーセージをぐるぐるに巻いただけの、ぐるぐるソーセージは辛かった。


r246.jpg

15:00 石狩神輿の宮入りが始まった~。なにかを撒きながらの宮入り。
なにを撒いているんだ!食い物か!(゚Д゚)慌ててゲットしにいく。



r245.jpg

飴!(゚Д゚) この飴袋の中に当たりが入ってたら何か貰えるというので頑張って取ったけど全部ハズレ('A`)



r247.jpg

宮入りはステージまでの道のりを真っ直ぐに神輿を入れるという、小樽住吉神社で見た宮入と同じ形式
神輿に乗ってる男の子は、凛々しい慎太郎くん(ぶらさげてる名前見るまで女の子だと思ってた)



r251.jpg

15:30 

ギャー(゚Д゚)サーモンライダー!



石狩青年会議所の「ひとづくり委員会」で特殊任務を与えられた
石狩鮭人(しゃけと)は厚田にある風車から風力エネルギーをベルトに受けて、
サーモンライダーに変身し、ナマラーと闘うのだ



楽しみにしていたサーモンライダーショーが始まったw
全然知らないけどw


r252.jpg

こちらは悪の密漁組織ナマラー↑ナマラー内で仲間割れが生じている場面



r253.jpg

ナマラーと戦う子供達w↑
戦って満足毛に帰ろうとした子供達には、ナマラーからわたあめ400円相当の代物を貰える(笑)





動画WW



r254.jpg

さっきの地ビールの社長がイクライダーに変身。
必殺技は、サーモンライダー新港ゼロヨンキック
     サーモンライダー新港ドリフトキック



サーモンライダーって、もっと着ぐるみな感じのモコモコしたのを想像してきたけど、
結構本格的なコスチュームとショーでびっくりw
ショーが終わっても子供達に大人気で握手攻めにあってた。うちも一緒に写真撮りたかったのう(・´ω`・)
サーモンライダーショーの裏側が書かれたブログはこちら
サーモンライダーとイクライダーの飛び蹴りシーンがシャッター間に合わなくて撮れなかったから
来年リベンジしたいので、衣装の劣化をなんとか食い止めて頑張ってほしいw



r250.jpg

16:00 いよいよ鮭掴み取り大抽選会だよ~ 1枚300円のを3枚買った!



全部ヽ( ´∀`)ノ はずれ



r256.jpg

でも、相方の友達が鮭掴み取りの権利をゲット!オオウケ
ちなみに友達は朝も買って、計7枚×300円=2100円を使ったらしいので(笑)当たってよかったねw

すぐに移動してください。と書いてあるので、すぐに移動。


r257.jpg

ブルーシートが敷かれた、ここが会場。



r258.jpg

ものすごい速さで泳いでいるので、私には掴むのは無理だと思った(・ω・;)



r260.jpg

メスは当たりらしいよ~でも動きが速いから、メスとかオスとか選んでらんねw




r259.jpg

彼は↑1回目掴んだが滑って逃して、2回目は袋に入れてもらったのに袋やぶけて鮭逃げて、
3回目も袋やぶけて逃げられて、4回目は係員に貰ってた(笑)ちゃんと持たないから逃しすぎw



r261.jpg

マッタリモードなEちゃんだから掴むの無理じゃね?なんて話してたけど、掴むの上手かった(・ω・;)
「それ小さいから他のにしな!逃がせ逃がせ!」とかうちらに言われて、
小さいのをバラして、大きいのをチョイスするほどの余裕を見せる。
鮭が小さいからといって捕まえ直す女性は、Eちゃんだけだった(笑)
後でEちゃんにどうやって捕まえれたのか聞いたら、
のんびり動いてるのとそうじゃないのを観察して見分けられる読眼力を身につけたから簡単だったそうだW




r263.jpg

17:00 鮭を掴んで帰る途中、ステージで大漁太っ腹もちまき大会やってたので参加
やることなすこと、なんでも参加w



r264.jpg

取ったどー(゚Д゚)

この紅白餅の中に、当たりと書いた木の札が入ってたら景品もらえるんだけど、もちろん入ってないし。

r262.jpg

ああああああああああ~~なんだか楽しかった!やるね石狩。
スポンサーサイト

岩見沢発 第25回ふるさと百餅祭り 後編 撮影9月16日

岩見沢は国道12号線、札幌から1時間くらいの所にある、石炭輸送のための鉄道で発展した町。
ばんえい競馬場があることでも有名だが、財政難のため2006年をもって撤退。
岩見沢のカントリーサインは、ばんえいの馬である。
ばんえいが撤退した今、岩見沢のシンボルとして息づいているものは何か。

それはモチ。


農業都市岩見沢の特産は“米”であり、NEWカントリーサインは百餅のヤグラと餅付きシーンで決定だなw
岩見沢をモチで持ち上げて地域活性化と長寿を願おう!ビバ村おこしワッチョイヾ(゚Д゚)ノ
ちなみに国道の岩見沢カントリーサインはばんえい馬が2頭だが、高速カントリーサインは馬が1頭らしおw
ばんえい失くした今は、2頭だろうが1頭だろうがそんなの関係ねぇー

r163.jpg

【凛】

わたくし最近まで岩見沢百餅まつりを、スペインのトマト祭りみたいなのだとばかり思ってたけど、全然ちげーのw
餅が飛ぶというのは聞いていたので、激しく餅をぶつけ合うものだとウッコリ勘違いしておった。
まさか、デカイ臼でデカイ餅をついて客に奉仕するイベントだとは(・ω・;)
今回は、祭りに20年携わっているジョニーさんのご協力でヤグラに上がって撮影させてもらえるという
普通じゃ考えられない優待撮影ポイントをゲットしたので、モチ(岩見沢)の魅力をご紹介したいと思われ


r164.jpg

まずは餅米を、若衆&姫組がお囃子に合わせて踊りながら運ぶ。これがまた独特の踊り。


r165.jpg

すばやく60キロ分のモチを臼へ投入



r166.jpg

【世界一の大臼】
直径3メートル、重さ4トン 、樹齢450年北アメリカ産の松材(スプルース)


r167.jpg

【杵踊り】
姫搗き(女性だけ)が杵をもって壇に上がり、大臼の周りを踊りながら一周する。



r168.jpg

大臼の周りを時計回りに回るようにしてこねていく。




r169.jpg

若い女性ばかりで綺麗どころも。祭りに参加する女性っていうのも粋でカッコいいね。





↑3回押し込んで時計回りに動きながらこねる様子。



r183.jpg

ちなみにアタイは、ここ↑で撮影しておる。ちっちぇぇw



r170.jpg

こねりが終わると、6人の若衆が激しく速く餅をつく。
ヤグラの上は目の前なのでスゴイ迫力よ(;゚;Д;゚;)
観客席からは見えないモチの様子も上から見えるし、間近で打ち手の表情が撮れるのがイイ!(゚∀゚)b





6人つきの様子↑
これが最終的には物凄くハヤスになる。疲労していく若者が見物wでもみんな笑顔で楽しそうよ。


r171.jpg

【モチあげろ】
本づきする前に、高~~くあげて観客に見えるようにモチをかえす。60キロあるので大変そう。



r173.jpg

いよいよ本づき開始。大杵が揺れるので、返し棒を使って大杵を押さえる。



r172.jpg

約100人の観客がやぐらから四方に張ったロープで杵を引き上げて10mの高さからドスンと落とす。
ヤグラについた滑車で大杵が真上に引き上げられる、よいとまけ方式というらしい。
ウチワを持った若衆の合図で、あげたり落としたりする。
このロープを引っ張ってくれるお客には、餅つきが終わった後に配られるしるこを優先的に貰える。



r176.jpg

【たかいたかい】




r175.jpg

【バシャー】


ちょw すんごいモチ汁かかっとるよW




10mのところから200キロの杵が落ちてくるもんだから、
若衆&姫組がモチでベショベショベタベタになる。これが見物w
私も臼の目の前にいたけども、ジョニーさんの長年のモチ観察により風下はカメラが危険ということで(笑
風上にいたから、ほとんどモチが飛んでくることはなかった。



r184.jpg

撮影中のベニ↑WW 客と若衆&姫組に邪魔にならないようにほとんどは、しゃがんで撮ってたよ。
ヤグラの上での撮影はある程度目立つので、ちょっと勇気もいります(笑)



r177.jpg

こんなデカイ杵と臼を見ると、さるかに合戦の昔話を思い出すわ~



r174.jpg

モチがどんどんつきあがってきたー(゚Д゚)ー。



r178.jpg

若衆が杵を退ける。200キロあるので退けるのも大変




r179.jpg

姫組は出来上がったお餅を客に振舞うために取り出す。
このお餅は1200食分のおしるこになる。一般の人はかなり並んでたな。
一般でも優先して貰いたいなら、綱を引くしかないみたい~



r180.jpg

餅つきが終わってから、樹齢450年の臼の下を見せてもらったよ。
ヤグラの上のモチをついてる部分だけかと思ったら、下まで木だったwすんごい立派な臼なんだなぁ~


さすがギネスブックb



r181.jpg

正装(ハッピ)をお借りして、駐車場をお借りして、撮影場所まで提供してくれたジョニーさんに感謝です~
ブログなどでUpして頂けるなら、ヤグラでの撮影を来年の百餅祭りでもさせて頂けるらしいので
是非あがらせてほしいという方がいましたら、コメント欄(非公開コメント欄でも可能)などでお知らせ下さい~
私はコンデジ撮影だったので、次は一眼やフィルムカメラで撮影して頂けるとウレシスです。

写真に興味ない人も、なかなか面白い祭りだから是非参加してみるといいよ~
札幌から1時間くらいだし近いね。屋台で飲んだり食ったりして、ほろ酔いで
モチ引き参加してモチ食って帰るんだw飲酒運転厳罰化なったから酔い覚ましてから帰るんだよ( ´∀`)


r182.jpg

モチを終えて、富良野へ向かった。


髪に餅のカスを付けながら(;´Д`)


| TOP | NEXT

最近の記事+コメント

カテゴリー

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。