スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォトスキ隊と行く!SLニセコ号ツアー後編~全米が泣いた!人情編~撮影10月14日

フォトスキ隊と行く!SLニセコ号ツアー前編 つづき↓

r413.jpg

PM14:08 ニセコ号が停車する場所は、札幌→小樽→倶知安→蘭越となり
下りの倶知安駅では、給水作業や機関車からSLへの交換などで2時間の停車時間があるみたいで
それを見に行ってみようと、倶知安駅にいるわけ。とってもマニアックですね。
そんで、前編でお見せしたのが給水シーン。なぜ給水が必要なのかとか詳しい事は全然わかりません(笑


r425.jpg

この、マニアにはたまらないドレン↑を噴出すのにも使ってるんだろうけど
なぜドレンを吐くのかとか、なぜドレン吐いてるシーンが萌えるのかとか、実は全然わからない(笑
でも、吐いてないより吐いてるシーンのが画的にカコイーので、ちくびは立ちやすいと思います。
昨今では、ギャラリーが沢山いる場所で、演出としてドレンを吐いてくれる事が多い。

蒸気機関車はどうやって走る?←これ見て、今理解したw
そうなのか・・・水がないと走れないのか・・全然知らなかったよ・・(´д`)ママードゥユリメンバァ~

r421.jpg

石炭を汲めるシーンなどは、なかなか生では見れないね。走ってる最中は、
一体どれくらいの温度になるのかな。機関士さんが沢山タオルを折っていたので、あれで汗でも拭くのかなw



r420.jpg

真っ赤に燃える紅葉の中



r422.jpg

火室も真っ赤に燃えていた。




r417.jpg

さっきまではこんな編成だったけど→sl1.gif

この→sl2.gif
編成にするために入れ替えを。


r418.jpg

PM14:24 SLと客車が



r419.jpg

ドッキング



r423.jpg

倶知安でも並走は出来ないと言われました(笑)
この日は、雨は降らなかったものの、太陽が出たり隠れたりの繰り返しで
イチイチ設定変えるのが面倒な日でございました。おいしゅうございました。


r424.jpg

PM15:07おケツを向けた恥ずかしいポーズで小樽まで帰るつもりらしい。



r426.jpg

15:28の出発なので、逆のホームへ向かう為に一旦離れるニセコ号




r427.jpg

PM15:11私の謎玉がそんなに気になるのかWW 何回も覗かれていた(・ω・;)
子供でも不思議がるあやしい謎玉。撮る事に飽きてくると使い出すらしい(笑)



r428.jpg

でも効果的に使うには、被写体の捕らえたい部分を真ん中に押えねばいけないので
固定された普通のレンズよりも高度な技量を要しますw(早くレンズ買えよ)


ドンゴドンゴドンゴドンゴ・・・・


r431.jpg

PM15:20ニセコ号がホームへ到着


ドンゴドンゴドンゴドンゴ・・・・


r433.jpg

夕日に照らされたニセコ号を生暖かい目で見守る車掌さん


ドンゴドンゴドンゴドンゴ・・・・


r429.jpg

整備を終えて、出発の時を待つ機関士さん。


ドンゴドンゴドンゴドンゴ・・・・


r430.jpg

その機関士さんが笑顔で見守るその先には・・・


ドンゴドンゴドンゴドンゴ・・・・


r432.jpg

太鼓のロクさんがいた。

私がニセコ号の写真を撮っている間、ずーっとドンゴドンゴドンゴドンゴと太鼓の音が聞こえてて、
近くにある会館で何かの練習でもしてるんじゃない?と、フォトスキ隊達と話していたのね。
でも、ホームの方に向かうと、生演奏だと知り驚く(笑)

この人物は何者?(・ω・;) なぜここで太鼓を叩いているの?(・ω・;)
彼を見た瞬間からニセコ号を捉える事はどうでもよくなり、




最後まで動画をまわし続けた(笑)


太鼓を叩きながら「ありがとう~~どうもありがとう~~~」と、最後は声を裏返して言っているw
太鼓を叩き終わって、静かになったホームには車掌さんと私だけが残り、ふたりでロクさんに拍手をした。


r434.jpg

駅員さんや整備員の人達がロクさんを囲んで。
客のいなくなったホームに、あたたかく和やかな空気が流れていた。

実はこのロクさんという人、倶知安町無形民俗文化財『羊蹄太鼓』の作曲者であり、現役の奏者。
そして元倶知安機関区に勤務していた鉄道員だという。
SLが現役だった頃に峠をいくつも越えた日本最大最強SLのC62が重連で牽いていた頃
列車が入線するわずかな停車時間の間にC62の火床整理をやってのけたツワモノみたい。
給水スポートと停車位置との関係、石炭や水の消費具合など、
大ベテランのロクさんに誉められるのがニセコ乗務員のささやかな目標だったらしい。


r435.jpg

ロクさんが叫ぶありがとうは、いつまでも現役で頑張っていてくれてるニセコ号への「ありがとう」なんだね。
そんなニセコ号へのお礼に、倶知安出発のセレモニーに欠かさず来ては太鼓を叩いているのかも。
現在ロクさん大正4年生まれなので御年92歳。とっても92歳には見えない若々しさだった。


r436.jpg

ロクさんが有名人な証拠に、倶知安のキヨスクにはロクさんの羊蹄太鼓というお菓子が売られてた(笑)


r439.jpg

食べてみたけど、甘さ控えめで美味しかった!(゚∀゚)(買ったのかよ)バチを模したクッキー2本入りw
クッキーにモナカの皮がついてて、味わった事のない新食感WWこの食感はロクさんでしか味わえないね
倶知安にお寄りの際は、是非食べてみるといいよ!1個150円。



r437.jpg

帰りのフルーツ街道。紅葉は今週か来週で見納めかも。
今回は思いがけず倶知安の給水シーンまで見たりしちゃたけど、
堅い鉄を動かす人達のあたたかい心に少し触れられて、ジーンとしたね。
ニセコ号を撮るよりも、古きよき時代を今でも維持していく人達を撮る方が数倍楽しかった。
次回は、そっちの路線で行くかもしれん(笑)私は生粋の鉄にはなれないw


SLニセコ号、最終運転まであと6日。


フォトスキ隊のnorida、YOU-Gさん、エゾくまさん、見学者のネルソン、今回も録り鉄してくれた相方
お疲れ様でしたしばらく皆と撮りに行く事はないと思うけど、こでも毎年の恒例行事にしようではまいかw
あとは、個人的にリベンジして来て下さいね~


r438.jpg

PM17:35 終わってた(´;ω ;`)ううう・・・
スポンサーサイト

枝豆

(゚゙Д´゚)ウオー



日曜晴れるぞ!絶好のニセコ号日和だ~(笑)
鉄の願いが通じたのかW


ふぅ~早く寝ないと

r395.jpg

居酒屋かけはしにて。

| TOP | NEXT

最近の記事+コメント

カテゴリー

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。