スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潮祭りへ

ドンドコザブーン(~ФωФ)~ ドンドコザブーン(~ФωФ)~


お山の花火大会に参加出来ないのが残念じゃが・・ドンドコザブーン(~ФωФ)~


ドンドコザブーン(~ФωФ)~の曲を全く聴いたことがないので、どんなのか聴いてきますね。
スポンサーサイト

函館旅行1日目~外人墓地~

e158.jpg

外人墓地



e150.jpg

美しい花々に囲まれ


墓地を撮るなどと・・という感じかもしれませんが、
ここだけは不気味さを感じない不思議な場所。


e151.jpg

海の見渡せる丘の上に立つ。私もこんなところでダビに付されて永遠の眠りにつきたい




e152.jpg

今はアジサイが見頃で美しい。生と死は隣り合わせなのです




e153.jpg

と、そこへ・・・



e154.jpg

ペットセメタリー


すごいオチが歩いてきたので、焦って画角が乱れるw



e157.jpg

ガソリン値上げするのはヤメテー




e155.jpg

赤レンガにも猫が




e156.jpg

ゴロゴロゴロゴロ

函館旅行1日目~摩周丸おじさん~

先週21~23日まで函館に旅行してきたー。小樽以外の旅行は珍しい。
21日(土)は仕事もあったので、20時過ぎに札幌を出発し、0時近くに到着。1日目の宿は、


港公園デス。


公園W
もちろんホームレスみたいに外は㍉なので、車内泊。
到着してすぐに寝るだけなので、無駄な出費をそこら辺で削減いたします。

朝7時、バタバタバタというウルサイ音で目が覚めたら、雨が降ってて('A`||)
どんだけ~と不機嫌になったけど、昭和温泉に入っている間にすっかり晴れてしまった。


e131.jpg

完璧に晴れ間になるまで、青函連絡船摩周丸記念館
船が丸ごと記念館になってる。こんな施設が函館にあるなんて、一体どれだけの人がご存知なのだろうかw



e132.jpg

青函れんらく船の記念館には、なつかしい外車の展示館というのが隣接されてて
片方づつ入ると1400円かかるんだけど、両館入ると1000円になる。
外車はあまり分からないけど、このブログ見てる人は船よりも車の方が興味ある人多いと思って
とりあえずなつかしい外車の展示館も、見てる人の為に行くことにしてみた(笑)


まずは摩周丸の方を紹介・・なにがあるのかと思いきや、



e133.jpg

メチャメチャちっさいミニチュア写真を虫眼鏡で見るコーナーとか


摩周丸を補助したタグボート三兄弟の、


e134.jpg

ひうら丸



e136.jpg

えさし丸



e135.jpg

第三鉄栄丸


ミニチュアだったり。


e137.jpg

船乗りにとって大事な定規があったり、


なんか展示してある物がマニアックw


e141.jpg

操縦桿の方へ。今日は日曜というのに、人はマバラ(・ω・;)
認知度が低いのか、はたまた船に興味ある人が少ないのか~



e140.jpg

こんなステキな撮影ポイントがあるのに



e138.jpg

望遠レンズを



e139.jpg

マクロ撮影でwうちも望遠機能ホスィー



e148.jpg

制服を試着できるコーナーがあったよ。記念撮影にいかがすかw




e145.jpg

ひもむすびコーナーというのがあって、ひもむすびのノウハウを連れに教えて貰おうとしたら、




e146.jpg

元船乗りの佐藤さんという人が来て、ひもむすびについて熱く語りだしたw



そして、




佐藤さんのひもむすびは


20分続いた。





e147.jpg

しまいには、絶対解けない手の縛り方までレクチャーしだすW
佐藤さん、最初と方向性が変わってきてるよWW


青函連絡船では客をもてなすサービスとして【飾り毛布】というのがあるらしい。
季節や部屋の雰囲気に合わせて数十種類が考案され、正月には日の出や松竹梅などに毛布を模られたという・・


e149.jpg

これがその飾り毛布↑ガラス越しに写る佐藤さんの熱弁は、飾り毛布にまで達したw

布団の上にこんなのがあったら、わたしなら嫌だな(;´д`)
毛布をグチャグチャにしてるとしか見えないもw


40分近く佐藤さんの熱弁を聞き、帰るタイミングを逃しつつ(笑)、



e142.jpg

外へ出ると、朝の曇もすっかり晴れへ。ものすごく気温が上がってきた(;´д`)



e144.jpg

可変ピッチスクリュー↑でかいね




e143.jpg

水着持ってくれば良かったよ・・そんな気温27度。暑くてトロケル~



摩周丸記念館、なかなかマニアックなので船に興味ない人が見に来て楽しいかというと
それはとても難しいけど(笑)、元船乗りの佐藤さんがいれば、長時間楽しめることでしょうw
下手したら、船の隅から隅まで一緒に歩いて色んな説明をしてくれるので、頼んでみてはいかがすかW
佐藤さんオモシロス(^ω^)マニアックな縛り方も調教してくれます(゚∀゚)b

旧手宮線アニャーンオニョーン 撮影7月7日

さて、二夜連続で癒し系が続きます(笑)

小樽ではたらく本部長さんのブログのところで7月3日に撮影されていた、
旧手宮線沿いの猫(撮影:2007年7月3日)が、あまりにも美しくギザカワユスだったので
私も奴に会いたいな~と思って、たまたま時間が空いたので7月7日の夕方に旧手宮線へ行ってみると・・



e68.jpg

いたW この前髪のセンター分け具合が、まさにアイツwこんなに簡単に会えるとは!

しかも飯ROM中(・ω・;)


接近しても飯を食べるのを辞めようとしないので、邪魔するのも悪いしな~と思ってたら



e69.jpg



Σ((*д*))





ちっこいの出てキターーーーーーーー(゚∀゚)ーーーーーーーーーー!








e70.jpg

ちょこんと座ったwなんで警戒しないW物怖じする気配ないw



カメラ目線!(;@Д@)ノ







あまりのカワユサに声裏返りング(*´Д`)



e72.jpg

マーガレットで遊び出したー(*´Д`)
ちなみに本部長さんは猫と、うら若き女性を撮るのが苦手らしいw






動画で(*´Д`)頭のハチ広くてカワユーーーーーーーーー



e73.jpg

さすが子猫は動き早い。手ブレモード使っても追いつかねw
そんでもこの時間、19時30分だから外は相当暗いからブレてあたりまえなんだけど、
19時過ぎには見えないほどの明るさで撮れるF30スゴス。ISO 1600で撮ってます。





実際はこの暗さ↑だからね。動画は輝度上げれない~。



e74.jpg

この時点で19時40分。明るいなーこのカメラw
まず、フラッシュとか使う必要ないね。フラッシュ使うと平坦な感じになるので使いたくないし



e71.jpg

お父さん猫らしきヤツも、こちらをガン見。
ていうか、みんなシロクロかよ。みんなこいつの遺伝子w




e75.jpg

こちらが↑母親猫。
子猫が無邪気に怪しいお兄さんとと遊んでいるもんだから、心配で心配でしょうがない顔でこっちを見てる。
最初に飯食べてた猫とは、別の猫ね。違いがわかるかな?みんなシロクロだから分かりずらいw


いやもう、子ネコヤヴァイ(*´Д`*)すんごく触りたかった。
フワフワなんだろうな~~あ~カワイイな~~手宮の野良猫の警戒心の無さには、心底驚く。どんだけ平和w
ペットショップに行かなくても、小樽の旧手宮線を歩いていれば、沢山猫に会えるから、
猫好きなあなた、是非小樽へお越し下さいw

緊急企画 パキの謎を追う!パキスタンカレー サリサリ

カラバトカリー(パキスタンカリー)のパキおじさんが札幌から消えて、かれこれ10ヶ月が経つ(笑
2006年8月に開催されたMVSグランプリに出場し、
64歳という若さでwカートを1日に100周以上という未知の周回数を走り
どんなに若い人でもバテるものなのに、超人並な精神で彼はRS2で優勝する。
そして誰にも告げずにどこかへ旅立った。
カート場のオーナーには旅に出ると告げてはいたが、他の人には内緒であった。
私もそれを聞いていたので、携帯すら持ってないから連絡は取れないし、一体どこへ行ったのか心配で心配で
私はパキの優勝DVDを編集しながら何度となく泣いていたのは、マジ話である(笑)
パキおじさんは、MVSカート場にとってなくてはならない存在のひとりでもある。
小金湯のとある温泉が潰れたのは、常連のパキおじさんがいかなくなったせいだと私は思っている(笑)


e104.jpg

2006年グランプリDVDの裏ジャケットは、パキおじさんの笑顔で包まれている仕様(笑)
こちらでお買い求め出来ます。CM内にもおじさんが渋く出演中。

そんなパキおじさんから、DVDを送ってくれと連絡が入ったのが今年3月の出来事で
その時に何度かおじさんと電話で話すことがあったんだけど、
横浜でお店を出したことや、生存確認出来てホッとした瞬間であったw


e111.jpg

カラバトカリー(通称:パキ)北海道札幌市南区藤野2条12丁目6-1 電話011-596-1117
私もたまによく行く(6月16日に行ってこの画像を撮った)カラバトカリー札幌本店は、息子さんが経営中。


3月で、北海道から6組ほどお客さんが来てくれてるよ~と歓んではいたが
お店の状況は出店したてなのでイマイチだとか。それじゃ、私のブログで宣伝しておきますね~
と、私も調子よく言ってたのにもかかわらず、それからかれこれ4ヶ月が経っていて(笑)

一昨日、出勤前にのりゆきのトークde北海道をたまたま見てたら、パキおじさんの息子さんがw




ほぼ一部始終を録画しましたので、ドゾw↑


いつもうちらはカラバトカリー(パキスタンカリー)を、パキと呼んでいるので
7年も通っていながら、あえてカラバトという名称についてなんら疑問を抱いたりしたことがなかったが、

まさかパキおじさんの


妄想だとは(;´д`)



なんで名前勝手に付けたWW

横浜にある店も、なんでサリサリっていうのかな?と疑問には思ってたけど、
パキおじさんの中の妄想の女だとはWしかもなんで男と女の設定WW
毎年会って会話してパキ食べに行ってたのに、そんなことも知らなかったなんて、けっこう恥?('A`)
いやしかし、パキおじさんらしい妄想だな~どんな妄想でもおじさんのキャラで許せるよ。

さて、今現在パキおじさんは、フラフラ当ても無く旅立ち横浜にて店を構えまして


e108.jpg

またしても怪しい店に仕上げました(笑)画像どこかから借りました
小さく、スリーコースセットと書かれているのも見逃せない。スリーコースセットって、なにw

この、果ての果てまで・・は札幌の店(グリーン基調)でも書いてあるけど、初めて見た人は引くよw
なんでそれ、書くのさWW


ちょ!wしかも、


画像お借りしました<(_ _)>
e109.jpg



うまいか、


まずいかわからない




って、なに書いちゃってるのW
これ見ただけで、どんだけ客逃してるのかWW
なんで否定も肯定もしてないの(;´Д`)美味しいのに謙遜しすぎw
でも初めての 味 って、ちゃんと書く場所想定してから書きなさいよw

そういえば息子さんも、「また人を寄せ付けにくそうな怪しい看板書いてあったでしょう」と言ってた。
止める人がいないから、パキおじさんやりたい放題である(笑)


そんな横浜に、ネルソンが(たぶん出張)で訪れた時に、サリサリに行ってみたらしい。
丁度私が札幌でパキ食べてた時に、横浜の店にいるネルソンからこんな写メが・・・・


e110.jpg


店でメット(;´Д`)


ネルソンがメットをかぶってくださいなんて言うわけがないから、絶対自分で率先してかぶったに違いない(笑)
ていうか、なんでパキマイメット持ち歩いてるのWW

私も札幌本店にいたついでに、そんなパキおじさんの元気な姿を、息子さんに見せておきました(笑)


パキおじさん武勇伝は、遠い横浜でも口コミで広がっているらしく、

●予約を入れたら、「1000名未満なら出来ますよ。」 と言われた。

●チャイを何杯もお代わりを入れてくれる

●食べている最中に「ゆっくりしていってねー。」という言葉を残して、
近所に野菜を買い出しに行ってしまう

●他のお客さんがいるにも関わらず、大音量でCD(サリサリの曲)をかけてしまう

●CDの面が、どっちが上か分からない。

●定休日をお伺いしたら、「ドレイに休みはありません」

●目を見張るキャッチコピーに多くの人は立ち止まるけれど
誰もお店に入ってこない。

●先月家賃払ったら3400円しか残らなかったらしい。

●エアコンやDVDプレーヤーが新しく増えていた。

●「後、2ヶ月くらいが勝負だっ!」って言ってたけど、何が勝負かは不明。

●でもカレーが凄く美味い


うちらにとっては、いつも見てる普通のおじさんの行動だからあまり不思議じゃないんだけどねw
おじさんはブラックユーモアが好きであって、あれは決してボケとかではなく計算なのです(笑)
カート乗ってても、疲れたフリして他の人達を油断させたりする手を多用する、ワルなのだw


そんなパキカレーとパキおじさんに魅了された方々が、パキ(サリサリ)の歌を作ったという(・ω・;)


こちらで聴けます。

**************************************************************

曲【カラバト&サリサリ】 歌:curryvader

カラバト一人で旅立った まだ見ぬ大地へと
サリサリ一人で立ち去った 私をもっと満たして

 カラバト人家もない山で 三年半も滝に打たれ
 サリサリひとつの集落を 三週間で攻め落とす!

  広がる荒野サソリの這う音が
  蜃気楼の彼方 宴に舞う巫女装束
  涙は乾いてひび割れた木々が揺れる
  胸踊るオアシスで踊る薪能

カラバトその手を伸ばして 真っ赤な実をもいだ
サリサリその木を切り倒す 心が燃えるほど

 二人は出会い舞い踊る 真っ赤な実を食べ続け
 のたうちまわる二人の 炎ぐるぐると重なり合う!

  二人は旅を続け悪魔の実を
  それぞれの街角で売りさばく
  二人の創るその味はやがて
  世界を塗り潰す 塗り替えるスパイス!

 スパイスが見つかった スパイスを受け入れた
 スパイスと触れ合った スパイスに全てを委ねた!

  カラバト&サリサリ

カラバト東へ旅立った まだ見ぬ海原へ
サリサリ西へと旅立った 光る石を求め

 カラバト涙が止まらない スパイスを感じる喜びに!
 サリサリ地球を一回り また二人はめぐり合う!


*************************************************************


の・・・・脳内ソングWW
これはもう、ターバン野口の粗忽長屋に匹敵する脳内ソングw
このブログ書きながらもう、ずーっとエンドレスで聴いているのだが、
いつの間にか小刻みに体がリズム取ってる自分がコワス(;´Д`)

すげいこの曲なにw繰り返し聴いてると、パキの謎スパイスみたいにクセになって又聴きたくなってくるw

これをお作りになられた、curryvaderさんのブログにもパキおじさんの元気そうな姿などが見れます
なんだかすごく愛されてるみたいで、安心したw
この曲をおじさんにプレゼントしたら、「マニアックな曲だね!」と、喜んでいたそうです。


e107.jpg

横浜にお寄りの際は、是非ともパキおじさんに会いにい・・パキカレーを食べに行ってください~

【パキスタンカリーサリサリ 横浜支店】住所 神奈川県横浜市神奈川区西神奈川3-7-4
電話 045-413-9010 営業時間 11:30-21:00 休日なし


【カラバトカリー 札幌本店】住所 札幌市南区藤野2条12丁目6-1 電話 011-596-11117
営業時間 11:00~21:00 定休日 無休




e106.jpg

~横浜の方々へ~
札幌からはなかなか行けませんが、パキおじさんの応援のほど、よろしくおねがいします( ´∀`)
65歳、がんばってますW



e105.jpg

あの、みんなに心配されたDVDプレーヤ購入は、私が作ったDVDを見る為に買ったんだと思われ(笑
おじさんはカートについて自ら話すことは滅多にないので、お店にお寄りの際は

「おじさんのカート乗ってるDVDが見たい」

と、言ってみてくださいw
見たら、さらなるアングラなおじさんを垣間見れることでしょう(笑)
超人であり、私達の大事なおじさんであります

| TOP | NEXT

最近の記事+コメント

カテゴリー

カレンダー(月別)

06 ≪│2007/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。