スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近ステテコネタ多くね?もしかしてステに愛着感じてる?w

チョ!

ヤフーオークションのID消されたよW

評価500くらいあったのに1からやり直しだー┌┤´д`├┐
通報したやつ、ちっちぇー神経してんぜ。
ま、そんなちっちぇーやつにイラだっても時間の無駄なので、笑い飛ばして終わりさー
心機一転新しいIDでやり直せばいいことだぬ!(*゚∀゚)=3


丸二日間かかって出品した数々の品が全部ダイナシ。そして700円の損。ヤフー丸儲け。クソヤフー('A`)
そんなんやって、入ってるヤフーのプロバイダ解約しますよ?ってヤフーに無駄メール送っておいたけどさWW


さて、プリアで頼んでいた2回目の写真が到着したので、


q207.jpg

近所のステテコのお友達ラブのおじさんにプレゼントする用に↑
ちっちゃい写真の方を額に入れてみたら、やっぱカワイー



q208.jpg

ツルにぶら下げてもカワユイ↑手作り楽しー



q209.jpg

カワユイカアユイ(*゚∀゚)=3 なんかカントリーでオサレだね。
まあ、この額はおじさんにプレゼントしちゃったので今はもうないけど。
スゴク喜んでくれたので良かった。いつも野菜とか果物くれるし、チープなお礼w



q210.jpg

こんな↑入れ物も売ってたから、結構広告ハーフタイプの写真も使い勝手がいい。
今度はステテコの写真たて作って母にあげよう。



q211.jpg

猫村さんのおくりものが届いたよー(*゚ω゚*)



q212.jpg

畳まさった紙を開けると、猫村さんとステテコが転がりまわる絵が



q213.jpg

まずは、ちっさいポチチ袋が5枚。
「いせ辰」という、1864年江戸末期に千代紙・おもちゃ絵の版元として
神田元岩井町(岩本町)にて創業された伝統あるお店のもの。

手作りっぽい風合いが、猫村さんのヌルイ感じとマッチしててかわいい




q214.jpg

ここにもステテコ↑猫村さんが家政婦をしている犬神家では、絶対入ってはいけないという部屋があり、
そこには一人のおばあちゃんと、ステテコという犬が住んでいる。



q222.jpg

ステテコと猫村さんが初対面した時↑

なぜ世間から隠れて生きているのかは謎。そんなステテコから取ったのが、ベニ家のステテコである。
ステテコという名前が変すぎて、一般ピーポーにナゼか好評w


q217.jpg

メインはこの↑手ぬぐい。か・・カワイー(*゚∀゚)=3
手ぬぐいになんて絶対使えぬw色合いがキレイだよ。

「戸田屋商店」
創業135年。古くから歌舞伎や舞踊の世界で多く愛用されることから
「梨園染(りえんぞめ)」という名称がつけられた、東京日本橋・戸田屋商店の手ぬぐい。
独自に織った上質な木綿を使用しているため、手触りがよい。
特徴は「注染(ちゅうせん)」という染色方法で、伝統工芸にも指定されている。
手彫りの型紙を使用し、職人が染料を手で注いでいく手法である。
プリントとは違い、表裏のない味わいのある仕上がり。


という、これまた伝統あるお店。この2店とバンダイと猫村さんがコラボして出来たのがこの商品アルネ。
ヴィレッジ ヴァンガードとか、東急ハンズにも売ってるみたいだよ。
まあ、送料かからないし安いからアマゾンのがお得だけどさ。
ただ、猫村ファンじゃないと、え。これで3千円すんの?って内容だから、じっくり考えて買うべし。
手ぬぐいの端っこ縫わさってないんで、ボロボロ解れる。手ぬぐい記事に猫村染め付けた感じだし。
手ぬぐいとして本当に使うなら、端っこ縫わないとね。


q216.jpg

そんなリアルステテコと猫村さんのツーショットが実現(笑)

これはまた近々日本風な額を調達してきて、猫村ミニミュージアム作らんと!!手作りギザタノシス~
スポンサーサイト
コメント

カスタネット→http://www.castanet-jp.com/


こ・・これがカスタネッツなのかw
いけそうじゃない?タイトルとこに鈴井の名前いれて検索引っかかるようにすれば(笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


-

管理人の承認後に表示されます


| TOP |

最近の記事+コメント

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。