スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小樽人生巡り第一章~謎の八重桜~

5月25日(金)~5月28日(月)まで、馬場邸に宿泊させて貰って小樽撮影をしてきた。

w202.jpg

25日(金)は仕事終わってから夜に発ったので、到着は19時くらい。
聖徳太子に行くよ!とのことで、4人で重要会議が執り行われる。重要会議すぎて中の写真は撮れず。



w203.jpg

重要会議で残されたユビタスと私は、深夜3時出勤の馬場達をベランダから眺めつつ、
空が明るくなるまで語り明かした。


それから起きたのは、26日(土)13時(笑)

土曜は雨模様だと思って撮影は行かないつもりでいたんだけど、
曇空だったので旧石山中学校の様子だけでも見に行くことにしたら・・・


行き方忘れて迷う。



迷っているうちに、緑町という場所に辿りついて、遠くに自然が見えたので野生の感で行ってみると・・


w204.jpg

屋台が出てて、ここは一体どこ?(;゚Д゚)



w205.jpg

屋台の奥には八重桜がすっごくキレイ咲いてて、ここどこWWW



w207.jpg

思いがけなく来た場所が、こんなに絶好の撮影スポットだというのは嬉しい限り。
あいにくの天気だけど(υ´Д`)



w208.jpg

顕誠塔は1923(大正12)年に建立され、御影石で作られた道内有数のもの。
日露戦争後、生還将士から戦死した友を慰霊したいとの申し出を受けた経済界や在郷軍人などが中心となり
建立運動を起こし、18年かけて完成した。
建立された翌年からは招魂祭が始まり、小樽の一番早い祭りとして賑わいを見せた。
第2次大戦の終戦を迎えてからは、戦前の軍事色を払拭するため、
郷土小樽市に貢献のあった人々も合祀する事とし、現在に至っている。

という建造物があるらしいが、ここの場所自体がどこなのか分からない謎のが気になって見てこなかった




w209.jpg

撮ってる最中から、どんどん雨足が激しくなって、傘も無いしレンズが濡れる~




w210.jpg

結局ここがどこなのか分からぬまま退散w(後日、判明する)



w211.jpg

そもそも、馬場とユビタスに甘いものを買いに行くために外に出てきたんだけど、
思わぬ場所の発見により、「まだ帰ってこないの~?」と馬場からメールが来るまで走り廻ってた



w212.jpg

ビアード・パパのシュークリームをユビタスが食べたいとのことで(小樽ポスフール内にある)
生地サックサク、カスタードクリーム甘さ控えめで美味しかった~
客が買う少し前に、 自家製生クリームをあわせてシュー皮に入れるこだわりの作りたて~
期間限定チェリー味は、そんなに美味しくは無かったかな。スティックパインチーズケーキも普通。


翌日RSCのレースがあるので、アタイはこの日札幌へ一旦帰らなければいけない・・
そして月曜の撮影の為に、その日中には小樽に戻るという過酷なタイスケ( 。д゜)
チョイかなりきついが人手いなくて休めない~3時間労働なのに長距離すぎw

札幌へ一旦戻る、そんな夜は、馬場とユビタスの粋な計らいで無料チケット頂いて運河亭へ!


w213.jpg

食事するところに便器のガチヤポン(;゚д゚)
これはやらねばなるまい。と、ユビタスとやって便器を携帯に付ける。集めたくなるのはなぜだ(笑)




w214.jpg

運河亭というのは、肉・寿司などのバイキングが出来るとこ。バイキングって、なんかいいよね。
安っぽいラーメンとか、すっごく旨くて2杯も食べた。ユビタスは次回来たら絶対2杯行くと宣言していた



w215.jpg

昔からやってみたかった。というユビタスの夢を願えるために、綿あめ作り大会



w216.jpg

ウゲェ!Σ(゚Д゚) ユビタス超ヘタWW



w217.jpg

なぜか二つに増えた(笑)



w218.jpg

私も、こう見えても綿あめは初挑戦である。ユビタス同様、高速で割り箸を回す




w219.jpg

なんで二つなるのさ。




w220.jpg

そんな不甲斐ないアタイ達を見て、「漏れもやりたい~」と馬場登場。
どうやら、高速で箸を回すと2個に分裂するということを見ていた模様。




w221.jpg



綿アメ屋のおじさんかYO




w223.jpg

ユビタスはソフトクリーム巻きにも挑戦。カロリーがなんちゃら言いながら、結局全部挑戦。



w224.jpg

妙齢達が揃うテーブルには、食い散らかした食器と、ほとんど食べてくれない綿あめが5個w




w226.jpg





w225.jpg

結構、長生き。



食べ物で遊んではいけまてん!w
はぁ~~すっごい面白かった運河亭!綿アメと焼きビビンバ以外はあまり残してないよ。
綿あめは、甘すぎて全部完食できず、こうなったとさ(笑)


ネット開通まで、あと10日あまり。次の更新は、いつになるやら(`・д´・ ;)
スポンサーサイト
コメント

招魂祭を写されているとは...渋スギです...
いや、此処は今年、写しておこうと思っていながらサボっちゃったんですよv-12
行灯の光が闇夜に浮かぶところなんて幻想的かな?なんてね(笑)
でも、ベニさんのおかげでそれプラス八重桜の夜影が狙えることがわかりましたね。
来年、撮ります。

それにしてもF30使いこなしてますね!
コンデジでこれだけ背景をボカすのはかなりのレベルです!
デジイチならなんてことはないんですが、素子の小さいコンデジではメインの被写体に相当近づいてマクロで撮んないとキツイはず(笑)

招魂祭という催しだったんですね!そんな祭りを偶然にも発見できてよかった~^^
すっごく小さいお祭りだったけど、味のあるお祭りでした。
来年は是非ともサボらずに行ってきてください!(笑

>行灯の光が闇夜に浮かぶところなんて幻想的かな?なんてね(笑)

あ!いいですね~(ニヤリ
私も来年はそれを・・w


>それにしてもF30使いこなしてますね!

はい!なんたって2台目ですから!(笑
背景ボカシの美しいのを、コンデジで是非撮りたくて苦戦しております~
デジイチならではのフンワリ感と、光のお星様を・・


>メインの被写体に相当近づいてマクロで撮んないとキツイはず(笑)

まさに、その様に撮ってます(笑
だから被写体に相当近づけないと無理だし、桜なんていつも大変ですよ・・・身長151しかないからw
脚立があればと、いつも思います。

そんな感じなので、やはりあの市民会館前バス停による撮影も、バス停に立っての撮影。
バス停をボヤカシて、バスに焦点を当てたかったのです。
バスはそんな私を客だと思って停まってくれました(汗

バスを停めてまでの、気合の入った撮影だったのに
自分で撮った構図が気に食わない出来だったので、又挑戦しに行きます(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

最近の記事+コメント

カテゴリー

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。