スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館旅行二日目~ヒッチコックも吐いた!サイコな乗り物の巻~7月24日撮影

小樽には、こどもの国という小さな小さな遊園地があった。
小樽公園の一角で市民にひっそり愛され存在していたのは去年の10月10日までで、
現在は更地となり、私が小樽に訪れ写真を撮るようになった頃には、跡形もなく消えていたあの遊園地・・
一度でいいから見てみたかったレトロでカオスな猫の額遊園地だったのだが
(小樽ではたらく本部長さんのブログの方で紹介されています)


そんな小樽こどもの国に似た、レトロ遊園地を函館にも発見!小樽みたいに公園内にあって、
しかも、ここにある観覧車は国内で稼働する現役の

最古の観覧車だとゆー。

これはちょっと収めておきたいとこだね。亡くなる前にwと、思って二日目は

e192.jpg

函館公園 こどものくに 入り口の安っぽさも似てるw
住所 函館市青柳町17番4号 営業時間 10:00~17:00 営業期間
3月下旬より11月中旬(11月は土日祝日のみ営業) 定休日 天候不順日
駐車場 函館公園にあり 無料 利用料金 1人1回どこでも250円 回数券(8回分) 1700円


昭和31年5月開園らしお。自分がX染色体にもY染色体にもなってない時代だ。

e201.jpg

タマラン色彩のきっぷ売り場↑函館こどものくにのマークは森永ホモちゃんを彷彿させる



e198.jpg

こどものくにの中心にドーンとそびえたつ【飛行機】という名の乗り物。
この、中心を支える細いポール(?)を見ると、大人が乗ってもいいのか躊躇してしまう。
この飛行機の下は、ゲーセンと売店になってる。



e196.jpg

飛行機を囲むように、100円で乗れる遊具が。このロボは何をするロボなのか謎 乗れるのか?




e194.jpg

錆びついたコイン入れに味があるパンダのシーソー。
私は子供の頃、パンダの絵が付いてる服しか着なくて母を困らせたことがあるらしい。
だから子供の頃の写真を見ると、どの服にもパンダのアップリケが付いてるw



e195.jpg

こ・・この子の服にもパンダがWW おまいもパンダしか着ねタイプじゃねだろな?(・ω・;)



e197.jpg

「もしもしぃ~僕、くまの○○~~僕とお話してぇ~」みたいなことをひたすらしゃべってた
至近距離でくまとお話できる、ベアーズフォンという乗り物。




e193.jpg

小樽のこどもの国と同じ形式のフラワーカップ。でも小樽のみたいに、床のマーブル模様がない・・




e200.jpg

木馬が本当に木で出来てるメリーゴーランド。これ、どこを掴むんだろう



e208.jpg

スカイチェアー。




e202.jpg

そして国内最古の観覧車。
1950(昭和25)年に七飯村(当時)の大沼湖畔東大島に設置され、65年に現在地に移設。




e203.jpg

直径10メートル、高さ12メートル。チェアーは箱形でなく「長いす式」製造業者は不明。
乗りたかった・・大人も乗れるというから、やっぱり乗ればよかった('A`)
最古と聞いたら、大人が乗ってもいいのかとても躊躇しちゃうよねw




e207.jpg

観覧車の下を、やまびこ号という名の新幹線が走るロータリーチェアがある。



e204.jpg

これを乗りに来るお客さんが結構いたね




e206.jpg

お母さんも子供も、いい笑顔で自然の中をノンビリと駆け抜けてゆく。
わたしはその人達を撮る、ひたすら怪しい人物(笑)




e205.jpg

1950年製、今から50年前。50年の歳月が経ったとは思えない姿だが、
これを整備できる人がいる限り動き続けることが出来るわけで、
頑張って維持していってほしいと思います。財政難を抱えてない函館市さんなら出来るかとw

函館に旅行に行った人は、観光地もいいけど是非とも函館公園のこどものくにで最古の観覧車に乗ってみてはー
二人乗りだからラブラブになれるし、頂上からは海も見えるみたい。

こどものくに
場所はここ↑



函館旅行二日目~暑いからってベショ濡れはナイよの巻~へ、続く

次の更新は、8月4日(土)今日の14時です。ネタ溜まってるから更新怠ってらんねw
スポンサーサイト
コメント

多忙ゆえ(?)コメント書けず<m(_ _)m>
函館山の夜景の写真からグッドです!
F30を完全に使いこなしてますね!!
今度、F50とやらが出るそうなので、ariariさんに聞いて良かったら買う予定です( ̄ー ̄)

聖母像の写真もコンデジだとは思えませんね。
正直、下手なデジイチ使いの輩より上手いですよ(お世辞抜きで)。
オイラも本気モードを出さないと敵いませんよ...負けるかも(^。^;)

そして、この函館の「こどものくに」は見たこと無かったので収穫ですね。
これはいつか攻めに行かねばなりません。
かなり小樽とダブっているところありますが、整備が行き届いているようで羨ましい...
(もっとも寂れ方という点では小樽の方が上だけど...自慢になってない...爆)

↑の投稿の空の雲も素敵です...いいなぁ...天気良い日に写真いっぱい写したいですねぇ...orz

小樽ではたらく本部長さん>

F50、8月下旬に出るのですね!F30の進化版というのがF50なのかな?
本部長さんが買うということは、よっぽど期待度が高いものなんですね・・
友達も欲しいと言ってたので、ariariさんの報告が待ち遠しいです(笑

>聖母像の写真もコンデジだとは思えませんね。

あれはもうすべては雲のお陰です(^ω^)
あの雲が出ると、広角レンズを使ったような不思議な奥行きが出るのでありがたい~
出かけた時に出ることが多いので、不思議に今年はウロコ雲に助けられてばかりいますね。
普通の青空だと絶対出せない画が、たまたま行けた旅行で撮れたのは、神様のおぼし召しかとw

>かなり小樽とダブっているところありますが、整備が行き届いているようで羨ましい...

そういえば函館と小樽はこどもの国以外にも似てる部分が多いですね。
三大夜景のひとつとか、漁港とか、古い建物があるとか、坂が多いとか・・・
天狗山の夜景を見たくても、いつもだいたい霧が出てるのが残念でなりません~
函館こどものくには、整備が行き届きすぎてて、レトロ感が出づらいのが難しいですが、
特殊フィルムで攻めれば、すごく味のある画になりそうなスポットでした!
望遠レンズが欲しいです!!!F30に、接写1㌢マクロ機能と望遠もう少し効く機能が付いてたら、一眼レフいらないのになぁ・・

>いいなぁ...天気良い日に写真いっぱい写したいですねぇ...orz

最近、とってもお忙しそうですね(^ω^;)お疲れ様です<(_ _)>
再来週の高島花火大会とイカ電のUpを楽しみにしております~
私も再来週からは小樽に入り浸りで最後の夏を満喫して冬を迎えようと思いますw
あ、小樽鉄路写真展も楽しみです!タノシミな事だらけ~~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

最近の記事+コメント

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。