スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人勝負w(・゛ω"・)紅葉狩りへ ~花魁落ち葉編~

ベニのブログは画像が多いから、厳選した(1枚)をUpしたらと今日言われたので、
確かに自分でも、多いな。と自覚があったので(笑)今日から少なめにしてみようかな(/////)
でも1回の撮影に200枚以上撮る人(撮り杉)なんで、200分の1を厳選してるつもりなんだけど(笑)


紅葉編つづき~

枯れているものを美しく写す。という事を初めてするので自信がなかったのだけど、
美しい花々を撮ることで尊敬しているainosatoさんから

枯れているかどうかよりも、要するに、自分がきれいだと思う場所を探せばいいだけですよ。
自分がきれいだと思うものしか、きれいには撮れないと思います。
ですから、枯れているものの中に美しい点を見つけ出すことです。


と、お言葉を頂き、なんだか自分の胸にグッと響いた。
この前まで私は“枯れを撮る”という事で頭いっぱいだったけど、“美しいものを撮る”という目で撮れば、
どんな被写体だろうと難しくなくて、必要以上に考える必要はないのだなと
“撮る”ということを片意地張らずに出来るようになりました。
たまにプレッシャーで撮るのが億劫になったりしてたけど(特にマガンw)、
そーいう時は、きっと良い物は撮れないのでしょうね。


r462.jpg

夏の青。秋の赤。は、いいなぁ~



r444.jpg

蜘蛛嫌いな人スミマ ケムシは見るのも嫌だけど、蜘蛛はキレイと思っちゃう(^ω^;)



r445.jpg

どんぐりなんて子供の頃以来見ること少なくなって、久々見たら懐かしいと思う。
そんだけ自然に触れ合ってないってことなんだね。大人になると・・。文明機器ばかりいじってちゃだめだとw



r463.jpg

スポットライト浴びて



r461.jpg





r465.jpg

枯れ間近の優しいレモンイエロー




r469.jpg

写真を撮り始めたのが14時からで、そろそろ1時間が経過するので、
ママラクーン号に乗って川の方へ⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン



r466.jpg

豊平川と花魁淵。
心霊スポットとして名高い花魁淵(笑)も、昼間に来れば不気味さも少なく、もれなく紅葉も美しい。

【花魁渕伝説】
明治時代、吉原遊郭から北海道に連れてこられた花魁(おいらん)が、
人生を悲観して当時の薄野遊郭(現在のすすきの)を飛び出した。そして、追っ手に怯えながらさまよったあげく
現在の藻南公園の崖(がけ)にたどりついたのである。遊女は、これまでの自分の艱難を思い出し、
さらには追っ手に見つけられたあとにされるであろう加虐に怯え、その場で豊平川に身を投げて自殺した。
遊女がいないことに気がついた主人は、追っ手をやり彼女を探したが、
ついに下駄以外見つけることはできなかった。その後、なぜか遺体が上がることはなかったという。
彼女が飛び降りた崖は、いつしか花魁淵と呼ばれるようになった。
これが、花魁淵伝説と呼ばれて言い伝えられている逸話である。『ウィキペディア(Wikipedia)』より


r470.jpg

大きな木が迫たった部分が花魁渕。
10分程度のプチ登山すれば簡単にあそこまで行く事も出来て、上からの景色は絶景だよ。




r473.jpg

花魁渕を一人で登った事がないので、この日行こうと思ってたんだけど雰囲気が悪くなってきたのでやめた。
花魁淵付近では溺死者や自殺者があとを絶たなくて、
去年7月16日に腹部に刺し傷がある男性の遺体が花魁淵付近の浅瀬で発見されてたり、
5年前には、ここのすぐ近くのトイレで警察官が首吊り自殺してたり、派出所内で頭拳銃撃ち自殺とか、
そのトイレの近隣に何年も人が住まない霊が出る家があって
取り壊すことも出来なかったとこあるし(現在はメモリアル斎場になってるw)かなり不気味(・ω・;)
私が思うに、ここって霊道なんじゃないかと思う。



r474.jpg

んまでも、気にしなければすごくいいとこだから、お一人様からでも楽しめますw
去年、魁淵付近の浅瀬で人が死んでたと分かってたら、私は行ってなかったけどね(笑)
スポンサーサイト
コメント

わっちは・・・・
ベニさんの写真すべてほしいっすw
自分で勝手に写真集~なんて作って手本にしたいw

僕も ベニさんの写真は好きですよ
枚数が多くても苦になるどころか 楽しいだけです。
今回の画像も気に入っています

斎さん>

どもありがと( ´∀`)斎さもお父上の血を受け継いで、撮りまくりですよ~
今度斎さが例のフォトフレームを買った時、SDカードに沢山画像入れてプレゼントするねw
あとは、写真ばかりにノメリ込んで、プライベートが危ぶまれないように気をつけるよ(笑)



*************************************

ちゃきさん>

ちゃきさんおひさしぶりです~(^ω^)ノシ
忙しい中見て頂きありがとうございます☆最近樽樽源ブログ更新されていないので寂しい限りです~

趣味で撮った写真を皆さんに見ていただけるだけでもありがたい気持ちなのに、
感想貰ったり好きだと言ってくれることは、三度の飯より嬉しいです。
撮り続けるカテに、とてもなっています~ありがとうございます<(_ _)>
では、お言葉に甘えて、いつも通り沢山Upさせて頂きます~w

紅葉の描写、背景の落とし方(特に1枚目)、決まってますね!
水面の反射もいいなぁ。
2枚目のクモの葉っぱの透かしがグッドデザインです。
んー、みんな写真うまくなっているぞ。
マズイ、本気モードで攻めなくっちゃ(汗)

本部長さん>

秋って面白いですね~。切り取りたい部分が沢山ありすぎて2時間半で230枚あっという間でした。
沢山撮ったそれらを家に帰ってジックリ眺めていると、
次はああしようこうしよう、これはもうやらないでおこう(謎玉w)と、反省や妄想の世界に浸れるので楽しいです。
水面の反射などの描写は、本部長さんをはじめとする沢山の巨匠さんをお手本に真似てみたりして・・・
でも、サビワビを撮るというのだけは、なかなか難しいですね(;´д`)
定山渓の河童を、おどろおどろしくワビサビ系で撮れるのは、まだまだ先の課題になりそうです~


>んー、みんな写真うまくなっているぞ。

みんな。って、あの方達のことですかw

私も、目先の目標、来年の雪あかりシーズンまでには、本気で攻めまくろうと思います(・゛ω"・)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

最近の記事+コメント

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。