スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SLニセコ号に想いをよせて 撮影11月4日

昨日貼った動画鯖重いので違う軽め鯖に変えておきました。何気に動画もヒッソリ追記

r569.jpg

9月22日から週末になると走っていたSLニセコ号が、11月4日をもって今年は最終運行となる。撮影地:オタモイ峠



r570.jpg

この最後の日を迎えるにあたって、どうしてもカメラにおさめておきたい人がいた。撮影地:塩谷




r575.jpg

羊蹄太鼓の創始者であり、元倶知安機関区で鉄道員だったロクさんである。
前回初めて見た時、ニセコ号を見つめるロクさんの瞳が忘れられなくて、
最終日は一緒にニセコ号を見送りたかったの。



r574.jpg

場所は倶知安駅
今回からNewレンズKenko製 MS-045FW使用。そのまま装着して撮影すると、
レンズの丸い枠が入り込むので使えないと思ってたが、ちょっとだけ望遠にすると枠が消えるのを発見して(笑)
そうすることによって普通に広角に写るのを確認。よかったww
もう、紛い物レンズとは言わせない(笑)


r573.jpg

最終日のセレモニーは、ロクさんならきっと何かをするに違いないと読んでいた。
案の定、以前置いてなかった沢山太鼓発見(笑)


r576.jpg

なんか準備しだしたーこれはもしかして壮大な何かが起きる予感~(σ゚∀゚)σ



r571.jpg

倶知安では、2時間の給水作業や車両編成などが行われる。
下りがファニーフェイス(※SLがお尻向きという意味w)なのは、転回台が無いためらしい。
給水シーンなどは以前見たので、今回は1時間前に到着してロクさんに会うだけのために倶知安へ来ている



r572.jpg

SLニセコ号が、今年最後の下りを走る時間が刻々と近づき




r577.jpg

整備を終えたニセコ号



r578.jpg

蒸気をあげ



r579.jpg

3番ホームへ向かう。




 【SL迎えるための演奏】 ビデオ撮影は今回も相方にお願いしました。動画が重い場合は時間を置いてから見て下さい

この羊蹄太鼓保存会 鼓流は、ロクさんが伝授・継承・指導している団体。
大御所ロクさんが指揮する中、演奏がはじまる



r580.jpg

激しく舞う



r581.jpg

ロクさんは弟子達の演奏を見守る




 【太鼓の音に合わせて】 




r583.jpg

前回は優しい瞳だったが、この日はとても貫禄があったロクさん




r582.jpg

「悲しみも苦しみも乗り越えられた原動力は、ただ一つの太鼓」高田緑郎



r584.jpg

倶知安駅構内が舞台へと変貌。いよいよクライマックスが近づく



【羊蹄太鼓保存会 鼓流とSLニセコ号との共演】

演奏に合わせてSLニセコ号の蒸気がWW
これはすごい・・・


r585.jpg

第二部の演奏が終わり、ロクさんによる熱く泣ける語らいが(´д⊂)



r586.jpg

いよいよニセコ号とのお別れだ




【SLニセコ号フィナーレ】 
最後はロクさんも交えての羊蹄太鼓でニセコ号を見送る。3分14秒と、ちょっと長いが最後まで観てほしい。



r587.jpg

倶知安町無形民俗文化財の羊蹄太鼓が聞けるんじゃなかと淡い期待をしていたが、本当に聞けるとは・・感動
駅構内入場料のたった160円で、これだけ豪華なステージが見れるのは安すぎて安すぎて・・
んんっ(^ω^)かっこいかった。



r589.jpg

ニセコ号が過ぎ去り夕日がロクさん達を照らす。




r590.jpg

SLニセコ号16日間の運行、お疲れ様でした。
たぶんロクさんは16日間の間、欠かさず来てニセコ号を倶知安駅から見送り続けていたんだと思われ。





 ロクさんの最後の挨拶】 



r591.jpg

ロクさん御年91歳。とてもそんなにお歳を召しているとは思えない元気のよさ・・
まだ生きてたら来るから!なんて言ってたけど、こんなに元気なら来年もまた会えるよね
うちは絶対来年も見にくるんだ( ´∀`)


r592.jpg

この場所で、また羊蹄太鼓が聞けるのを祈っております。
ロクさん16日間、お疲れ様でした。また来年!
スポンサーサイト
コメント

1枚目から何かを期待させるステキな画です。
あとは怒涛の感動の連続で。。
素晴らしいラストシーンですね。

昨日、hotmailにカレンダー貼り付けておきました。

ロクさんは会いに行けなかったので此処で拝見できて良かったです(*^^)
こりゃあ、泣けますよ。
太鼓の音はSL(たぶんC62)の鼓動なんでしょうね。
心の目と耳で重連C62急行ニセコが迫ってきました!
鉄道員の生き様が伝わってきました!
ありがとうございます<m(_ _)m>

hirosさん>

一枚目は民家の庭内でわざわざ撮影の許可を貰い撮ったものです(笑)
花とSLのコラボ撮影は非常に難しいですね・・どちらかを生かすと、どちらかが死んでしまうので、
どっちを生かそうか迷っているうちにSLが過ぎてしまいましたWW
来年の花畑とSLの某有名撮影地撮影に向けて、イメトレです。

>素晴らしいラストシーンですね。

ありがとうございます~
ロクさんという素晴しい方がいる限り、撮り続けに毎年倶知安へ行くと思います。

>昨日、hotmailにカレンダー貼り付けておきました。

ありがとうございます~(*゚∀゚)=3 これは素晴しいです!
早速、家のディスクトップにし、会社のディスクトップにもし(笑)、プリントアウトして部屋に飾っています~


************************************

本部長さん>

鉄道員だったロクさんが、どんな思いで毎年この場所に立ち太鼓を叩き続けるのか、
目の前で見ているだけでもその思いは伝わるのだけども、
それを写真で伝えれるようにならなければと必死でした(;´д`)
だがしかし、まだカメラを使い慣れなくて絞り優先にしたりスピード優先にしたり、
試行錯誤しているうちにメモリーが満杯になって(笑)いらない画像を消す作業に追われてるうちに太古終わって、
なかなかいい画が撮れませんでした・・(・´ω`・)

>鉄道員の生き様が伝わってきました!

C62という鉄道が走っていたことの人々の想いっていうのは、計り知れないものがあるんだと最近知りました。
ロクさんという人がいるということを、倶知安に住む人や鉄道好きの人だけでなく、これからも多くの方に知って頂きたいです。
失っていくものを残していくことの大切さを、禄さんから、そして小樽から、カメラを通して少しづつ感じとっています。
今はただの自己満足に過ぎない写真が自分は多いですが、
いつかは自分の撮ったもので、それらを伝えれるようになれるように頑張ろうと思います。
デジコンだけど(笑)

あのときのロクさんにこんなにもドラマがあったとは。
いい絵だなぁ
写真の構成が映像仕立てですね。

人を撮らせると特にいい絵を撮りますねぇ。
風景はまだしも、人はかなわないなぁ。。。

来年のSLはもうちょっとがんばって撮りますよ!σ(^^)

いいシーンを収めましたね。
蒸気機関車だけじゃなく、それを支える人、見守る人、そういうのが大事かと思います。
いわゆる「鉄」の人は何時間前から並んで有名なポイントで撮るだけ、ってケースが多いのですが実はこういうのをきちんと写すことが一番大切じゃないかと思うんです。
写真は記録だから。
きっと何年か経って「2007年のSLニセコ号の画像」ってのはどこにでも出てくるでしょうが、こういうのはなかなか出てこないはず。

それにしても「あのレンズ」本当に買ったんですね。(笑)面白い!!

余談:転車台は倶知安にあるんです。
北海道にある転車台は苗穂と倶知安だけになりました。C62の時は勿論使っていました。
で、今は・・・立ち入り禁止で使用不能。
老朽化が激しいらしい。って、そんなの蒸気機関車の再生より簡単(でも、大変でしょうが)なんだから、本州みたいにやって欲しい。JR東日本管内には、まだ転車台があっちこっちに残っていてD51やC57がいつでも走れる環境が整っているんですよね。

隊長、転車台はわしがしっかり後編でアップしてますよ~(^_^;)。

わしも倶知安のホームでカニ目さんの切り替え作業見ながら
ふと目に入ったのが転車台。
なんか淋しそうに感じたので何枚か撮りました。


本文中は「心の叫び」みたいなことを書いてみたりしてf^_^;





ariari様>
初めて………
そうでしたか…かなり老朽化が激しいのですねえ。
転車台が使えればかなり盛り上がると思いますが
なかなか予算は出ないでしょうねえ(/_;)
SL走らせるだけでいっぱいいっぱいでしょうから……

norida>

出張お帰りもつかれさま~v-44

>人を撮らせると特にいい絵を撮りますねぇ。

サンクスコ~
ロクさんはもっとイイ表情をしていたのに、それを捉えれなかったのが残念(;´д`)
来年のフォトスキ隊ニセコ号撮影会には、是非ともロクさん撮影を取り入れたいのう~
あ、そうすると北四が撮れないからダミダ(笑)
そういえばnoridaのスナップショット以外の人物写真って見たことないな。是非ロクさんにも挑戦してほしいw

>来年のSLはもうちょっとがんばって撮りますよ!σ(^^)

頼みますよ~~ほんっと、カートとニセコ号どっちが大事なのよ!ヽ(`Д´)ノって来年は怒ってみるかな(笑)
また来年も出張なって、他の土地で駅構内鉄道撮影するようなことにならないことを祈ってるよw


************************************
ariariさん>

確かに、鉄道よりもそれに携わる人々のが被写体としては数倍美しく残していくべきなんじゃないかと私も思って
最後はニセコ号を撮るんじゃなくロクさんを撮り続けました。なのでニセコ号が去るのを見れてませんw

ariariさんがブログでおっしゃってた、写真は記録だから撮り続ける。という言葉が好きでした。
撮り続けることの答えが何なのかは自分の中で今は明白ではないけれど
自然や建物や人や風習は、いつかは消え行くものなので
それを残していかねばならないのでないか。という、得体の知れない“本能”が働いております(笑)
自分が出来ることは写真を撮るということくらいなので、それが後世の何かに繋がるようにしたいですね。
ariariさんはリアルでC62を見、音を聞き、写真に収めていたのが羨ましいです。
いつかは私も、C11が引退した時に羨ましがられるようにイッパイ撮らなきゃ~(^ω^)

>きっと何年か経って「2007年のSLニセコ号の画像」ってのはどこにでも出てくるでしょうが、こういうのはなかなか出てこないはず。

たしかに、ロクさんのことをネットで調べても、C62やC11との写真が出てこなかったです。
自分のブログは出てきましたが(爆)
会いたいときにあなたはいない。なんてことにならないうちにw、
早く皆さんに知って貰って生のロクさんに会ってほしいですね~

>それにしても「あのレンズ」本当に買ったんですね。(笑)面白い!!

事前に調べないで本当に買ったら枠ついててビックリしたけど(笑)、
枠が写らないように撮ることが出来ることを発見してから、面白くてしょうがありません( *´艸`)
魚眼と広角の二通り楽しめるレンズいいですね(笑)

>余談:転車台は倶知安にあるんです。

そうだったんですね~なんか丸いものがあるとおもったけど、あれがそうだとは(・ω・;)
いつかはファニーフェイスじゃない北四線踏切を撮れる日が来たらいいのになぁ・・


*************************************

3号>

>隊長、転車台はわしがしっかり後編でアップしてますよ~(^_^;)。

おお!!そういえばそうだったね!!
YGさんがUPしてなかったら、私はあれが転車台だとは一生気が付かなかったかもw
つい最近、転車台が稼動しているのを生で見たから、どんな動きするのか知ったよ。小樽鉄道記念館だけどw

>なんか淋しそうに感じたので何枚か撮りました。

ワビだね!カタズケられないうちに、うちも来年近くで撮っておこう~⊂二二二( ^ω^)二⊃

PS:最終ニセコ号ネタ、色褪せないうちにうpしておんw

3号様
はじめまして!
C62の復活運転のときも、費用はJR北海道ではなく、鉄道評議会という団体が作られてまかなっていました。(JRももちろん出していましたが)
なのでスポンサーが必要で、パソコンソフト、ゲームソフトの「ハドソン」がメインスポンサーでお金を出していました。一般の募金も募っておりましたが、全検(クルマの車検ですね)の費用も出せなくなり引退になってしまいました。5億もかかるとか。
今でもC62は苗穂工場で静かに保存されていますが、年に一度ディーゼルで牽引され動かしています。その大きさ、迫力を見て頂ければと思います。
(長文失礼しました)

>迫力を見て頂ければと思います。

()-( )-(゜ )-(Å゜ )-(´゜д゜`)なんですとー!?

それは興味深い(ФωФ)

((...φ(ФωФ)カリカリッ

どもども~
自分が撮影したものは今手元にないのですが
YouTubeに復活ニセコ号の映像がありました。
JRになってこんなもん、よく走らせたと思います(笑)。
とにかく、久しぶりに見て乳首立ちました。(ばく)

http://www.youtube.com/watch?v=rzRMhfPUs_4

http://www.youtube.com/watch?v=xnTtpRsEsJA

でかいです。

これは泉ピンコ立ちですねv-218煙も並ハンパじゃない量!環境問題が心配になるほどにw
最近シロク二の映像を勉強のために見ることが多いのですが(笑)、
そっちを見ちゃうと、C11の小ささ(細い)に頼りなさを感じてしまいます~
まだ苗穂で生きてるということなので、走っているのをいつかは見てみていですが
何億というお金が動くことを考えるとありえないのですかね~
どこかの鉄オタ社長富豪会社がF1みたいに投資してくれることを願います。
復活したらロクさんの面影を追って、かなり泣けると思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

最近の記事+コメント

カテゴリー

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。